春の外出

※写真はクリックすると全表示されます

2024.05春の外出「千葉県立館山野鳥の森」へお出かけしました。

 

外出の日を2日設けておりましたが、1日目は、あいにくお天気に恵まれず、午後よりふれあい野鳥館の見学、ドライブとなりました。なでると鳴き声が聞こえる模型や館内ジオラマに触れ、特別な時間を過ごせました。

2日目は散策日和、日差しも強すぎず、さわやかな風が心地よい日となりました。外でのお食事を楽しまれ、ふれあい野鳥館での散策では、「こんなに良い所があったのね」と野鳥の鳴き声に耳を傾けて自然の豊かさに触れました。

デイホーム柏崎に帰宅後は、甘いおやつに身も心もホッと一息。今日の思い出話を皆様と笑顔でされ、「次はいつ行けるの?楽しみだわ」とお話されていらっしゃいました。

 

こどもの日

※写真はクリックすると全表示されます

2024.0506 端午の節句こどもの日会食を行いました。

 

城山公園の大空に大きな鯉のぼりが泳ぐ5月、デイホーム柏崎でこどもの日会食を行いました。

この日に向けて、皆様で鯉のぼりの室内飾りを製作しました。今年の製作は折り紙を三角形に折ったものを鯉のぼりの形に組み合わせたものです。「どの色で組み合わせましょうか」「何色の鯉のぼりが良いかしら」と考えながら、色や柄などこだわりのある素敵な鯉のぼりに仕上がりました。

 

「こどもの日と言えば、兜を作りましたね」とのお声に、「皆様で兜も折り紙で折ってみましょう」と言う事で、昔作った事を思い出しながら製作が始まりました。

「息子が小さい頃は新聞紙で良く兜を作ってあげたわ」「作った兜を息子が頭にかぶってチャンバラごっこで遊んでいたり…懐かしいわ」「思い出すわね」との会話が聞こえてきました。

 

 

お食事は鯉のぼりをイメージした押しずし、天ぷらの盛り合わせ、白和え、浅漬け、澄まし汁です。当日に皆様で製作した立体の鯉のぼりが食卓をより賑やかに飾ってくれました。

「鯉のぼりのご飯ですか?」「細かいわね。」「楽しいご飯ですね」との声が聞かれました。

 

 

おやつは柏餅を作りました。白く焼いた生地であんこをまいて完成です。ご自身で作った柏餅を皆様と美味しくいただきました。

 

エンドウ豆植え付け

※写真はクリックすると全表示されます

2024.04 エンドウ豆の苗を植えました。

 

雨天の合間をぬって僅かな晴れの日、エンドウ豆の苗を植えました。

今回は根の張りが良く手軽に始められるとの事で、プランター代わりに購入時の袋をそのまま使用する”袋栽培“に挑戦しました。

※袋栽培とは…プランターや鉢の代わりに市販の培養土の袋をそのまま使用するもので移し替えの手間もかからず、プランターに比べ狭いスペースで栽培できます。

まずは、新しい土と肥料を混ぜて、ふかふかの土にします。

 

 

そこへエンドウ豆の苗をポットから外して植え付けていきます。

 

 

皆様、「昔は良く土いじりをしたよ」「若いころは畑に行って沢山植えていたからね」と話されるだけあって、慣れた手つきでササッと手際よくエンドウ豆の苗を植え付けて下さいました。

花や実がなるのが楽しみですね。と皆様と笑顔でお話されていました。

ひまわりプロジェクト 2024

※写真はクリックすると全表示されます。

今年でNPO法人の「ふくしまとみんなをつなぐ、ひまわりプロジェクト」に参加して7年目になりました。2024年も利用者様と協力して、沢山のひまわりを咲かせたいと思います。

【種植え】

【日向へ移動、小鳥よけのネット張り】

【発芽】

まきの実ガーデン 建設工事の様子

2023年9月に開始した建設工事ですが、根伐工事と山留工事が完了し、現在は鉄筋工事(基礎配筋工事)が進められています。
今後も随時こちらのページで内部の様子をお伝えしていきます。

2024/4/5

2024/1/15

 

広報誌『まきの実だより』定期発行廃止のお知らせ

このたび、広報誌『まきの実だより』の定期発行を廃止することになりました。
これまで多くの皆様にご愛読いただき、誠にありがとうございました。
広報誌は弊社の情報を社内外に共有する大切なツールでしたが、現在の情報発信環境の変化に伴い、より効果的で迅速な情報伝達が求められています。
このため、広報誌の定期発行廃止を決定いたしました。
弊社は引き続き、新たな情報発信手段の開発や改善に取り組んでまいりますので、今後とも皆様のご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。
なお、今後の情報は弊社ホームページなどを通じてお伝えしてまいりますので、引き続きご覧いただければ幸いです。
突然のご案内となりましたが、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

ひな祭り

※写真はクリックすると全表示されます

3月4日 ひな祭り会食を行いました。

桃の節句、ひな祭りを今年も皆様とお祝いし、会食を行いました。

今日の日に合わせて、手作りの雛飾りを製作しました。

今年の作品は『染め紙』という手法を用いてお雛様とお内裏様の着物を製作しました。障子紙と数種類の絵の具を使ってそれぞれお好みの色で染めて下さいました。色や柄に個性のある作品に仕上がりました。

 

部屋に皆様の作品を並べて飾ると「一気に華やかになりましたね」「私の子供の頃の雛人形は段飾りで…」と完成した雛飾りをご覧になりながら思い出話にも花が咲きました。しばらく柏崎に飾った後はご自宅に持ち帰って飾って頂きました。

お部屋のお花として桃の花も柏崎に届き「桃の節句の時期にちゃんと桃の花が咲くのね」と皆様とお話されながら桃の花を活けて下さいました。

 

お食事はちらし寿司と彩り天ぷら、綺麗に盛り付けられているお膳を前に笑みがこぼれます。おやつは毎年恒例手作りの桜餅を召し上がって頂きました。

 

季節を感じながら、ひな祭りの行事も皆様とお祝いしました。

菜園レク

                         ※写真はクリックすると全表示されます

徐々に季節も春に向かい、デイサービス安布里の菜園に大きく実った聖護院かぶの収穫を行いました。

当日は日光浴に最適な暖かな日で、収穫をしながら外でゆっくりと会話を交わして穏やかな時間を過ごしました。

収穫した野菜は、「聖護院かぶは煮ると柔らかくておいしいよ」と利用者様が教えて下さったので、利用者様に調理して頂き皆でおやつに頂きました。

節分

                         ※写真はクリックすると全表示されます

・節分

2月3日(土)に節分行事を行いました。
昼食前に恵方巻を作って頂きました。「久しぶりに作りますよ。」「上手くできるかな。」と
心配そうに具材を並べて、巻きすでクルっと上手に巻いて下さいました。
「上手くできた。」「ドキドキするね。」と皆様笑顔で作って下さいました。
昼食時には「自分達で作ると美味しいね。」「良いお味です。」と会話も弾んでいました。
お食後には、赤鬼青鬼が登場し「鬼は外、福は内。」と豆を撒いて頂きました。
また鬼のパンツの歌や冬の歌を皆様で唄ったり、赤鬼、青鬼とゲームをして大いに盛り上がりました。

 

・城山公園梅園
城山公園の梅園に梅を見に行きました。
まだ、5分咲き程でしたが、白やピンクの梅の花をご覧になり、「綺麗だね。梅の木が沢山あるね。
「品の良い梅だね。枝ぶりが違うね。」と沢山お話をしながら、園内を散歩しました。

・河津桜観賞 
館山コミュニティセンターの河津桜並木を散歩しました。
「凄いね。満開だ。」「春ですね。天気も良いし気持ちが良い。」といつもより、
歩く速度もテンポよく、桜のように笑顔満開でした。

初詣

                         ※写真はクリックすると全表示されます

・初詣

八幡神社、館山神社に初詣に行きました。
「子供を連れて、よく来ましたよ。」「お祭りの時も来たね。」と
思い出話をされながら参道を歩きました。
「今年も健康でありますように。」「楽しく元気な1年にして下さい。」と
手を合わせていらっしゃいました。
年中行事では、皆様に改めて季節を感じて頂いたり、昔を思い出して多くの会話が生まれます。

・山本の堰 散歩

デイホーム安布里では、山本の堰によくお散歩に出掛けます。
今回は晴天の暖かな日に、堰の周りを歩きました。
今は水を抜いて工事中ですが、周辺は一足早く春が訪れていました。
「綺麗だね。水仙も、河津桜も満開。気持ちが良いね。」と
花々をご覧になりながら、テンポ良く歩いていらっしゃいました。

豆まき

※写真はクリックすると全表示されます

2月2日(金)にまきの実保育所で豆まきをしました。
「鬼をやつけるぞ!」と張り切っていた子どもたちでしたが、いざ鬼が現れると、大泣きに・・
それでも「鬼は外! 福は内!」と大声を出し、鬼退治をしてくれました。
その後は、かわいいオニランチを食べました。

初詣

                         ※写真はクリックすると全表示されます

職員の作成した安布里神社で初詣をしました。「今年も1年健康に過ごせますように」と健康祈願をする利用者様が多かったです。
鏡開きでは、1年間の皆様の良運を願い、酒樽を割ったり龍踊(じゃおどり)を披露させて頂きました。本年もデイサービス安布里を宜しくお願い致します。

干支飾りづくり

                         ※写真はクリックすると全表示されます

干支飾りづくり
今年は「辰」をデザインして、皆様オリジナルの干支飾りを作りました。
最初に色々な色のフエルトを大小様々な三角形に切って頂き、
次に辰の胴体部分をお好きな色のフエルトで貼って頂きました。
「私はこの色が良いわ。」「この色が竜みたいだね。」と皆様集中して
取り組んでいらっしゃいました。
最後に2024年の文字、台紙、額を選んで、世界に1つだけの干支飾りの完成です。
「家に飾るよ。」「登り竜だから良いことが沢山あるね。」と皆様笑顔でお持ち帰りになりました。

日々の様子

                         ※写真はクリックすると全表示されます

・クリスマスリース作り
安布里の菜園で出来たさつま芋のツルを刈り取り、葉っぱを取ってツルを丸くリースの
形にして乾燥させました。皆様が協力しながら全ての工程を行って下さいました。
「刈り取りは任せておきな。」「葉っぱは取るよ。貸してみなよ。速いよ。」と力強いお言葉。
「その後は、私に任せてツルを編みこむのね。」と段取りよく行って下さいました。
その後にリボンや装飾をお好みで付けて、オリジナルのクリスマスリースを作って頂きました。
リースが完成すると「あなたの綺麗ね。素敵だわ。」「リボンが可愛いね。」とお互いの
リースを見ながらお話が弾んでいました。

・クリスマス会
12月25日にクリスマス会を行いました。
クリスマスソングを皆様で唄って、手作りのクリスマスケーキとジュースを召し上がって頂きました。
その後、サンタクロースとトナカイが登場し、大いに盛り上がりました。
皆様が作ったクリスマスリースをお渡しして記念撮影。皆様、素敵な笑顔で「楽しかったよ。またお願いね。」と言って下さいました。

・紅葉見学
今年の紅葉は、とても遅く12月に入っても、なかなか色付かない日が続きました。
宗真寺、城山公園、真野大黒、山本の堰と11月末よりドライブに行き、真野大黒の
真っ赤な紅葉を見た時は、皆様感動されて「こんな綺麗な紅葉見た事ないよ。」
「この赤は、一生忘れられないよ。」と話して下さいました。

・寿司バイキング
コロナ禍では職員が全て準備して行っておりましたが、
久しぶりに皆様にお寿司を準備して頂きました。
以前お寿司を握っていた方が中心となり、手際よく並べて下さいました。
最初は心配されて「できるかしら。最近やってないからね。」と話されていましたが、
いざ、シャリがくると手際よくネタをのせて並べて下さいました。
皆様「美味しいね。」「沢山食べたい。」と大好評でした。